読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まなびらぼ

時間がない社会人の学びをテーマに記事を書いています。

オンライン学習プラットフォーム「Udemy」の講座を受講する

Udemy オンライン学習

オンライン学習プラットフォーム「Udemy」の講座に登録するで登録した講座を実際に受講してみたいと思います。

Udemyにログインしているとトップページに「マイコース」が表示されますので、これをクリックします。

f:id:hikalimo:20161005123805p:plain

そうすると登録した講座の一覧が表示されますので、受講したい講座の「コースを開始」をクリックします。

画像をクリックすると、初めてですと講座の最初から、途中まで受講していると講座の続きから動画が再生されますので、続きをすぐ始める場合はこちらをクリックしてもいいでしょう。

f:id:hikalimo:20161005124148p:plain

「コースを開始」をクリックした場合、講座のトップ画面(ダッシュボード)が表示されます。「レクチャー1を続ける」をクリックすると講座の動画が再生されます。

講座を受講中、例えばレクチャー3の途中で中断していた場合は、「レクチャー3を続ける」という表示になります。いちいちどこまで進んだかを確認して探す手間が省けて便利です。

f:id:hikalimo:20161005124818p:plain

下の画像が講座の動画を再生中の画面です。著作権のことが気になりますので、一部モザイクを入れています。

画面構成からみてきます。

左上のメニューアイコン(タイトル文字を含む)をクリックするとレクチャーが一覧表示されます。右上の「ダッシュボードに行く」は文字通りダッシュボードに戻ります。

左下のアイコンは左から順に「再生・一時停止」「15秒戻す」「再生スピード設定」「15秒進む」です。「15秒戻す」は聴き逃したときやもう一度聞きたいときに助かります。再生スピードは「0.5、0.75、1、1.25、1.5、2」倍速から選択できます。

講中のプログラミングの講座だと作業が伴いますので、0.5倍速や0.75倍速が有用です。講座の種類によっては1.5倍速や2倍速で時間を短縮することができます。

右下のアイコンは左から順に「音量調整」「ビデオ品質」「全画面表示」です。インターネット回線への接続状況によりますが、プログラミングの講座ですと1080pで視聴するのが望ましいですね。

f:id:hikalimo:20161005131608p:plain

下部中央の「Q&Aを参照する」は文字通り、Q&Aを確認することができます。画面の右側に表示されますので、画面遷移することはなく動画を再生したまま見ることができます。

「ブックマークに追加」をクリックすると、クリックした時点の再生位置がダッシュボードのブックマークに記録され、そこからすぐにブックマークした再生位置に飛ぶことができます。ブックマークにコメントを追加することもできます。

f:id:hikalimo:20161005133021p:plain

以上がUdemyの講座を受講してみた概要です。主に画面構成を見てみました。単に動画を流しているということではなく、受講者が学習を進めやすいよう随所に工夫が見られます。

ちなみに、今回受講した「【3日で体験】はじめてのiOS アプリ開発超入門【iOS 10 ・Swift 3対応】」に関しては、iOSアプリ開発の素人ですし、受講の途中ですので内容の良い悪いは評価できません。

途中まで受講した感想を言うと、映像は見やすく説明も丁寧です。カーソルの位置が黄色い丸で目立つようになっているので、どこを操作すればいいのか迷うこともありません。

講師の方の来歴を見ると、講師も行っていた(いる?)ということで、話し方がうまく、講義やスピーチに不慣れな人にありがちな「えー」とかが間に入らないので聞きやすいです。

広告を非表示にする