まなびらぼ

時間がない社会人の学びをテーマに記事を書いています。

コミュニケーションを仕組み化する―『プレイングマネージャーの教科書』

読書の時間がなかなかとれませんので、家事をするときにはオーディオブックを聴くようにしています。

最近読んだ(聴いた)本がこの『プレイングマネージャーの教科書』です。副題に「結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策」とあるように、ビジネス・コミュニケーションの教科書と言ってもいいかもしれません。

目次

はじめに 数字・部下管理・板ばさみ・多忙で激務。“四重苦”の中で日々奮闘している中間管理職のあなたへ
PART1 気が弱い人ほど「課長業」はうまくいく!
PART2 5秒でできるコミュニケーション!「初期投資ゼロ」の即効フレーズ
PART3 コミュニケーションを仕組み化する
PART4 クセモノ&苦手な人対策「問題解決コミュニケーション」
PART5 プレイングマネジャーのためのトラブル時のFAQ
おわりに これからの時代のプレイングマネジャーを目指して

コミュニケーションをビジネスのコアスキルと位置付け、そのテクニックから仕組み化するところまで、著者の実体験を踏まえて紹介されています。

コミュニケーションと言うと人付き合いを連想してしまいますが、本書では業務指向型―ある意味仕事だと割り切ったスキルとしてコミュニケーションを捉えています。

私自身はプレイングマネージャーではありませんが、比較的規模の小さい会社に勤めていて、平社員でも他部署との調整を行うことが必要であり、参考になることが多くありました。

テクニックとしては5秒でできる即効フレーズがたくさん紹介されていますので、状況に応じて活用していくことができます。ただ、もっとも印象に残ったのが、ハブ型マネージャーシップという本書においてベースとなっている考え方です。

テクニックを活用するのもいいのですが、この考え方を基本におくことがビジネス・コミュニケーションを成功させる秘訣だと思います。

 

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
 

 

制限を設けて、本質に迫ることだけに集中するー『減らす技術』

* The Simple Life*

『減らす技術』は Simple Lifeとかを考えていた4年ほど前に読んだ本で、今は新装版がでているようです。自分にとってはグッとくるところが多かった本なので、当時書いた記事を見直してみたいと思います。この頃はとにかくシンプル、シンプル、シンプルと唱えていました。

『減らす技術 THE POWER OF LESS』ー目次

はじめに
[パートⅠ・原則編]
さあ、減らすことを始めよう やることを減らすとなぜ成果が上がるのか?
減らす原則1 制限する
減らす原則2 本質に迫ることだけを選ぶ
減らす原則3 シンプルにする
減らす原則4 集中する
減らす原則5 習慣化する
減らす原則6 小さくはじめる

[パートⅡ・実践編]
減らすテクニック1 シンプル・ゴール
減らすテクニック2 シンプル・プロジェクト
減らすテクニック3 シンプル・タスク
減らすテクニック4 シンプル時間管理
減らすテクニック5 シンプル・Eメール
減らすテクニック6 シンプル・インターネット
減らすテクニック7 シンプル・ファイリング
減らすテクニック8 シンプル・ルーチン
減らすテクニック9 シンプル・デスク
減らすテクニック10 シンプル健康管理

減らし続けるために モチベーションをどう保つか

〜Simple Lifeとかを考えだしたのはこの本がきっかけだったような気がします。改めて読み返してみるとマーカーを引いている箇所が結構ありました。ただ、実践できているかと言えば・・・。参考になる箇所がたくさんあって、そのどれもできていないという悪い例ですね。〜

ということを4年前の記事で書いていました。今も昔もあまり変わっておらず、読んでマーカーを引いて満足しているというお寒い状況です。

人生をシンプルで生産的にする「6つの原則」

〜「制限を設けて、本質に迫ることだけに集中する」ということをキモに銘じつつ、まずは下記の6つの原則を意識しながら生活をしていきたいと思います。〜

この6つの原則は今読んでもササリます。肝に銘じなおします。

  1. 制限する
  2. 本質に迫ることだけを選ぶ
  3. シンプルにする
  4. 集中する
  5. 習慣化する
  6. 小さくはじめる

12の基本習慣

〜習慣化についてはこの12の基本習慣が参考になります。いくつか始めたいものがありますが、「小さくはじめる」ということで毎日5〜10分のエクササイズをすることから始めます。〜

エクササイズは続いてませんね。このなかで出来ているものといえば2番・3番・9番です。今見直してもはじめるべきはやはりエクササイズですね。4年経っても成長していない。

  1. 毎朝3つ、その日の最も重要なタスク(MIT)を決める。
  2. シングルタスクを徹底する。あれこれ切り替えない。
  3. ”受信トレイ”を空にする。
  4. Eメールのチェックは1日に2回だけにする。
  5. 毎日5〜10分エクササイズする。
  6. インターネットの接続を切って仕事する。
  7. 毎朝のルーチンをこなす。
  8. 野菜とフルーツを毎日たくさん食べる。
  9. デスクまわりを整理整頓する。
  10. ショート・リストにない頼まれごとに「ノー」と言う。
  11. 1日15分、家の中をかたづける。
  12. 「Eメールの返事は5分まで」を守る。

ショート・リストにする

〜ショート・リストとは、関わり合い(コミットメント)をコントロールするために、自分にとって一番重要なことを4〜5つだけリストアップしたリストです。私のショート・リストはこの4つです。

  1. 妻や子どもと時間を過ごす
  2. 学ぶ
  3. 書く
  4. つくる

つくるって何?って感じですね。本職は営業職なので何かをつくるということはあまりありません。ただ、自分としてはものづくりに携わっていたいと常々思っています。そういう意味で、「学ぶ」であり「つくる」であります。〜

4年前から「学ぶ」をリストに入れていたことに自分でハッとさせられました。記事を見直すと成長していない自分にがっかりする部分もありますが、ここはブレていないということには少し勇気づけられました。

減らす技術 新装版

減らす技術 新装版

 

 

コーヒーの品種を学ぶ

Coffee

3ヶ月毎日更新しようと意気込んでみたもののなかなかネタが見つからないものです。別ブログで書いていた記事を見直し、リライトしてみたいと思います。

コーヒーの品種について調べてみました。

コーヒーは大きく「アラビカ種」と「カネフォラ種(ロブスタ種)」に分かれます。アラビカ種は原産地がエチオピアで、風味がいいけど病気や害虫に弱く栽培に手間がかかります。世界で生産されているコーヒーの多く(7〜8割)はアラビカ種です。スペシャルティコーヒーはもちろんアラビカ種です。

カネフォラ種は原産地がコンゴ(エチオピアという説も)で、病気や害虫に強く低地でも育成できるので栽培しやすいものの、風味はアラビカ種より劣ります。苦味が強く渋みがあるのが特徴です。カフェインの含量はアラビカ種の倍ほどあります。主にインスタントコーヒーや缶コーヒーに使用されます。

アラビカ種のなかには、ティピカやブルボン、ゲイシャといった品種があり、これらは原種です。カツーラやカツアイは突然変異や交配で生まれた品種で原種よりも風味が劣りますが、栽培はしやすく生産性が高くなります。

ちなみにコーヒーは品種による味の差はあまりない(まったくないわけではなく、原種のティピカやブルボンは風味に優れていると評価されます。)と言われていますが、ゲイシャだけは別格で特に華やかな風味があります。

いろんなスペシャルティコーヒーを飲むなかで、際立った風味を持つコーヒーにしばしば出会いますが、やはりゲイシャはゲイシャというだけで風味が違います。高価なので年に数回しか飲めませんが。

アラビカ種とティピカやブルボン等との関係がわかっていませんでしたが、少し頭が整理されてきました。

iPhone 6を下取りに出すための準備作業

f:id:hikalimo:20161030163042j:plain

iPhone 7に機種変更したのでiPhone 6を下取りに出すことに

iPhone 6からiPhone 7に機種変更したのでiPhone 6は下取りに出そうと思います。前回、iPhone 6に機種変更したときは手続き時にいろいろと説明があったような気がしましたが、今回は特に説明はなくスルスルッと手続きが完了してしまいました。

手続きが手早く終わったのはよかったのですが、帰り道少し不安になってきました。

確か、前回は「タダで機種変更キャンペーン」(ちなみにキャリアはソフトバンク)みたいなことをやっていて、今回も当然あるのだろうとタカをくくっていましたがどうなのでしょう。

不安になってソフトバンクのホームページを見てみるとちゃんとありました。まあ、機種変更する前に確認しておけという話ですが。

www.softbank.jp

iPhone 6の特典金額は記事執筆時点で26,400円です。iPhone 7 256GBの購入代金が111,840円で、機種変更の月月割の総額が67,920円ですので、下取り金額を含めた実質負担額は17,520円ということになります。や、安い・・・。

PalmZaurusに数万円支払っていた頃を思い起こすと隔世の感があります。

いずれにしても、機種変更する前に確認しておけという話ですが。

iPhone下取りの準備作業

下取りの手続きについては前回少しもたついた記憶があるので、準備作業を確認しておきたいと思います。

申し込み前の準備は下記のページにまとめられています。

www.softbank.jp

準備作業は簡単にまとめると以下の4ステップになります。

  1. 旧機種のデータをiTunesにバックアップする
  2. 旧機種の製造番号(IMEI)を控える
  3. アクティベーションロックを解除する(「iPhoneを探す」をオフにする)
  4. 本体データと設定を初期化する

前回はこの準備作業をきちんと確認せず、動作確認をするだろうからとiPhoneを使える状態にしておいたので店舗でリセットしてくださいと怒られました。

スリープを解除したときに、「こんにちは」とか「Hello」とかが表示されている状態で持っていく必要があります。まあ、設定アプリから簡単にリセットできるのでそれほど大きな問題ではありませんでしたが。

では、下取りに出発。

追記

上記の準備作業により下取りは無事完了。製造番号(IMEI)についてはショップのほうで確認できるらしく特に聞かれることはありませんでした。

大抵の人は持ち歩いているかと思いますので大丈夫だと思いますが、車の免許証や保険証などの身分証明書の提示を求められますので、お忘れのないように。

『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』を読んで真面目にブログ運営を考える

f:id:hikalimo:20161029223608j:plain

人気ブロガー本は必要か?

Kindle版がないのでどうしようかと悩んでいた人気ブロガー本『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』をついつい買ってしまいました。

Kindle版がないこと以外にも、わかったブログは結構読んでいるし、『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』も『ブログ起業: 10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略』も読んだのでそれほど目新しい情報はないのだろうという思いもありました。

実際に読んでみると「あぁ、読んだ読んだ」と思うことが結構あります。でも、これまでの集大成的な形で1冊の本にまとまっているのはやはり価値があります。

ところで、この記事では本書のレビューをしたいわけではありません。本書のことをどうこう言う前に大事なことがあるわけです。「あぁ、読んだ読んだ」と思っているけど、「じゃあ、やったの?」って話です。もちろん、やっていないのでこのダメダメな現状があるわけです。

この本を読んだことをきっかけにもっときちんとブログ運営に取り組もうと思えたことが大きな収穫でした。

自分にあったブログのコンセプトとは?

まずはブログのコンセプトをどうする?ってところから考え直してみることにしました。

iPhoneやカメラやコーヒーが好きだし、ソロギターを弾けるようになりたい、アプリの開発もやってみたいと好きなことややりたいことはいろいろあるけれども、ブログのコンセプトとするにはいまひとつな感じがします。

そんなことを考えるなかで気付いたのが、いろんなものの興味の根底には学びたいという気持ちがあるということ。Udemyとか面白そうと思ってサブブログとして立ち上げた本ブログが実は自分の志向に一番あっていたということに気づきました。

三ヶ月毎日更新できるのか?

というわけで、本ブログをメインブログにしてやや中途半端ながらもブログ運営を再スタートさせます。もちろん人気ブロガー本を座右の書として傍らに置きながら。

人気ブロガー本にはやるべきことが山のようの書かれていますが、兎にも角にもすべきは「まずは三ヶ月間毎日更新すること」だと思っています。ただ、これがなかなか難しい。正直できる気がしない。でもまあ、そんなことを言っていても仕方がないので、三ヶ月間やれるだけやってみることにします。

そのうちブログの更新に挫折して、半月後ぐらいには『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』を買ってそうな予感しかしないのだけれども。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 

 

オンライン学習プラットフォーム「Udemy」のiOSアプリの使用方法

iOSアプリ開発の講座を受講していて思った、というか受講する前からわかっていたのですが、Macのブラウザで講座を受講していると、ブラウザとXcodeの画面の切り替えが非常に面倒です。

これはプログラミング系の講座全般に言えることですが、講座はタブレット等の別画面で視聴すると効率がいい。

Udemyからは、iPadiPhoneAndroidのアプリが提供されています。わたしはiPadiPhoneを使用していますので、iPadアプリを利用することにします。

iPadアプリをダウンロードする

iPadApp Storeアプリを立ち上げて「udemy」で検索します。

f:id:hikalimo:20161009204925p:plain

公式アプリは2つ検索結果にヒットしますが、「Udemy - コースとチュートリアル」のほうをダウンロードします。ユニバーサルアプリのようですので、以下「iOSアプリ」と表記します。

f:id:hikalimo:20161009205016p:plain

iOSアプリでログインする

最初にアプリを立ち上げると、お決まりの通知を許可するかどうかの質問が表示されますので、これはお好みで選んでいただければ結構です。

その後、ログインウィンドウが表示されますので、すでにUdemyのアカウントを登録済みの場合は「ログイン」をクリックし、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

f:id:hikalimo:20161009210048p:plain

iOSアプリの表示画面

ログイン後の画面です。特集タブが表示されています。おすすめのコースが一番上に表示されていて、登録済みのコースがリストアップされているのはご愛嬌といったところでしょうか。基礎写真講座は少し気になります。

f:id:hikalimo:20161009210713j:plain

下のタブバーには「特集」「検索」「マイコース」「ウィッシュリスト」「その他」のアイコンが並んでいます。

「特集」画面は上の画像の通り。「検索」は講座の検索画面ですね。「マイコース」では登録済みの講座の一覧が表示されます。

ウィッシュリスト」についてはAmazon等でおなじみなので特段説明は不要かと思います。各講座のトップ画面の右上のアイコンをタップするとメニューが表示され、ウィッシュリストに講座を追加することができます。

f:id:hikalimo:20161009221113p:plain

f:id:hikalimo:20161009221258p:plain

iOSアプリで講座を受講する 

それではiOSアプリで実際に講座を受講してみることにします。

マイコース」で受講する講座をタップするとカリキュラムが表示されます。各レクチャーの左に表示されている丸印は進捗状況を表し、受講済みであれば緑色の丸、途中まで受講していれば緑色の半円、未受講の場合は白色の丸になります。

f:id:hikalimo:20161011011102j:plain

右端の雲のアイコンをタップするとレクチャーをダウンロードできオフラインで受講することができます。ダウンロードが完了すると雲のアイコンが緑色になります。セクションごとのダウンロードも可能です。

f:id:hikalimo:20161011011453p:plain

 画面右上のアイコンより講座全体のダウンロードもできます。

f:id:hikalimo:20161011011758p:plain

右上の時計アイコンはリマインダーの設定です。曜日と時刻を設定することができ、指定した時刻がくると、設定した方法により通知が表示されます。

f:id:hikalimo:20161011014539p:plain

f:id:hikalimo:20161011014723p:plain

講座の再生画面

レクチャーをタップすると動画の再生が始まります。

再生画面はシンプルで、画面中央が「再生・一時停止」、右上が「再生スピード設定」で再生スピードは「0.5、0.75、1、1.25、1.5、2」倍速から選択できます。画面下には「15秒戻す」「15秒進む」「全画面表示」アイコンが並んでいます。

操作で特に迷うところはないでしょう。

f:id:hikalimo:20161011015522p:plain

 

 

Kindle 10月の月替わりセールより仕事に役立つ電子書籍をピックアップ

時間がない社会人に限らず、社会人にとって読書は学びに欠かせないツールです。電子書籍が普及してきたおかげで、常に持ち歩いているスマホで本を読むことができ、読書の時間を確保しやすくなっています。

電子書籍の最大のストアであるKindleでは、月替わりセールが実施されていて価格的にも紙の本よりもアドバンテージがあります。ただ、様々な種類の電子書籍が取り上げられていて、仕事という観点から見ると清濁混在しています。

10月の月替わりセールより仕事に役立つ電子書籍をピックアップします。

外資系投資銀行の資料作成ルール66

外資系投資銀行の資料作成ルール66

 

非常に基本的な事柄からルールとして取り上げられています。それゆえにすぐに活用することができます。

見やすい資料を作成することを心がけていても、明確なルールにまで落とし込んでいる人は少ないです。

書籍という形でまとめられたルールに沿って資料を作成することで、より統一感のある見やすい資料を作成することができます。

 

手にとるようにNLPがわかる本

手にとるようにNLPがわかる本

 

 NLPの入門書です。NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。これからNLPを学ぼうという人、コミュニケーションスキルを向上させたいという人には最適です。

 

ビジネス×数学=最強

ビジネス×数学=最強

 

 タイトルが斬新なので内容を図りかねますが、まっとうな論理的思考の本です。

課題解決において議論がすぐに袋小路に入り込んでしまうのを度々目にしますが、その原因は数学的な素養のなさということが実感させられます。